不眠症の人にソナタという睡眠薬を知ってほしい   >   睡眠薬って危険なイメージ

睡眠薬って危険なイメージ

飲み方を間違えると危ない睡眠薬

「睡眠薬を、大量に飲むと死ぬ」そんなシーンをドラマや映画で見たことがありますよね。未だに睡眠薬に対して、とても危険なイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、それは睡眠薬が作られた初めの頃の話です。はじめは脳へ直接働きかけるものだったので、効果が高いものでした。

その反面、副作用も依存性も強くあらわれやすかったのです。睡眠薬のなかには、リラックス効果のためか筋弛緩作用によって、ふらつきや転倒を起こる可能性も高いものもありました。

それは、従来の睡眠薬のことであり今では強すぎる効果や副作用については、改良されています。

なかでもソナタは現在、医療用でも利用されている睡眠導入剤で安全性は高いものです。依存性は低いので、長期的な服用でも安心して服用できます。

睡眠作用や抗不安作用についても、脳に直接作用した結果得られている効果ではなく、脳の活動に対して抑制的に働くGABAという物質の働きを促進させることで得ることができます。

脳の活動を抑えるということは、興奮や不安などの気持ちを落ち着かせてくれる働きもあるので、抗不安作用につながります。

ソナタは超短時間作用型で、翌朝に残らない睡眠導入剤であることも分かっています。薬である以上、効果や副作用については個人差があるでしょう。

ただ服用することで気持ちを落ち着かせてくれるので、寝つきが悪いなどの入眠障害の人にオススメな睡眠薬なのです。

効き目も早いので、必ず就寝前に飲むようにしましょう。30分〜1時間程度では効き目があらわれてくるので、絶対ソナタを飲んだ後に車の運転をすることは止めましょう。

激しい眠気に襲われるなどして、事故を起こしてしまう危険性もあります。

正しい服用方法を知って、その通りに飲むことは安全で自分自身を守ることにもつながるのです。

Copyright(c) 2017 不眠症の人にソナタという睡眠薬を知ってほしい All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com