不眠症の人にソナタという睡眠薬を知ってほしい   >   ソナタの鎮静作用

ソナタの鎮静作用

心を落ち着かせてくれる睡眠薬ソナタ

睡眠薬が必要となるのは、寝不足を感じていていても寝付くことが出来ない・寝ていても夜中に目が覚めてしまうことがあるなど、さまざまな悩みを抱えている方です。

そんな悩みを抱えた多くの方に、病院で広く処方されている睡眠薬がソナタなのです。この薬には、鎮静作用といって抗不安剤に似た働きもあります。

何故ソナタには、睡眠作用だけでなく鎮静作用もあるのでしょうか。それについて、不眠症の原因から探っていきたいと思います。

不眠症は衝撃的な事件や事故に巻き込まれるなどしない限り急になってしまうものではありません。徐々に症状があらわれて、どんどん睡眠時間が短くなり、体調や仕事などの日常生活に影響を及ぼすという危険があるのです。

そもそも不眠症の原因には、どんなことがあるのか考えてみましょう。寝付けない、夜中に起きてしまうのは、何か考え込んでしまったり浅い眠りしかできていないということです。

これらは、何らかの不安や緊張・興奮などから気持ちが乱れていることで起こりやすいのです。

つまり気持ちを落ち着かせることが出来れば、身体の緊張もとれて脳の興奮状態も和らぐので眠りやすくなります。

ソナタ同様に、ソナタジェネリックも鎮静作用を持っていて、脳の神経を抑制する働きを持つGABAのサポートをするので、結果的に不眠症の原因となるものを一時的に抑制して、心身がリラックスしやすいように力を発揮してくれるのです。

ソナタジェネリックが持つ鎮静作用は高く、抗不安剤として利用する方がいるほどです。

ただし超短時間作用型なので、途中覚醒の症状の方より入眠障害で悩んでいる人に、最も適している睡眠薬です。

入眠前に気持ちを落ち着かせて、深い眠りに入りやすくしてくれるので朝のスッキリした目覚めにもつながります。

ひとくくりに不眠症といっても、自分自身の症状に合った効果を持つ睡眠薬を選択することが大切です。

Copyright(c) 2017 不眠症の人にソナタという睡眠薬を知ってほしい All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com